ダイエット中の外食!
  • 韓国緑素抗脂カプセル
    韓国緑素抗脂カプセル

    韓国 緑素抗脂カプセル:脂肪の消耗を増大する:ただくわえた速効は脂の塩基が消えて、人体に入った後に迅速にATP循環のスピードを加速することができて、脂肪に燃えるスピードを分解して1...

    価格(税込) 1900円 1箱
    買います
  • ダイエット中の外食!

    リンパマッサージしよう!

    リンパマッサージって聞いたことありますよね?文字通りリンパをマッサージするわけですが、このリンパマッサージがダイエット、特に下半身のダイエットにとても効果的なんです。

    ダイエット中の外食!

    大学生や社会人になって、外食の機会が一気に増えた人も多いと思います。特に一人暮らしをしてると、外食の機会は増えます。当然ですが、ダイエット中の外食には、いろいろな注意が必要です。

    ファミレスのセットメニューなどは、たいてい男性でも満足できるぐらいの量になってることが多いし、満足感を与えるために何かと脂っこいものが多いです。また野菜が少なかったり、栄養バランスが悪かったり。

    ダイエット中は、できれば手作りのごはんを食べてほしいですが、どうしても外食を避けられない人のために、ここでは、ダイエット中の外食で気をつけるポイントをいくつか紹介します。
    どんぶり系は避ける

    まず、外食でのどんぶり系は避けましょう。どんぶり系は通常の定食よりごはんの量が多いです。そしてその分栄養が偏ってることが多いです。

    ごはんの量、栄養バランスを考慮して、定食系のものにした方がいいでしょう。
    ダイエット中の外食!
    炒める系、揚げる系は避ける

    当然かもしれませんが、油を使った炒める系、揚げる系は避けましょう。

    特に揚げる系は、見た目を豪勢に見せるために、衣が分厚くなっていて、油がたっぷりしみこんだものが多いです。家で食べる揚げ物よりカロリーが高いと思っておいた方がいいでしょう。

    おすすめなのは、油を使わない茹でる系、蒸す系の料理です。
    脂身やスープは残す

    ラーメンのスープは絶対に残しましょう。お肉の脂身もできるだけ残した方がいいでしょう。

    ダイエット中の食事は、カロリーだけじゃなく、栄養バランスにも気をつけるべきですが、外食でそれを守ろうとするのはなかなか難しいです。正しく健康的にやせたいなら、なるべく外食の機会を減らして、自宅で作った食事をとることをおすすめします。

    外食は量も多め、油も多め、味も濃いめ。これを頭の片隅に置いておくことが大事です。

    もちろん時間の関係や付き合いで避けられないこともあるでしょうし、カロリーをオーバーしちゃうこともあるでしょう。そんな時は、次の日の食事にいつも以上に気を使い、身体を動かす時間も増やすようにして、ある程度カバーしてあげましょう。

    たまの外食なら、ちゃんと楽しむことも大切。そしてそれを楽しむために、普段の食生活に気をつけることが大切なポイントなんです。
    ダイエットの呼吸!

    ダイエット効果をアップさせるためのコツ。呼吸についてお話します。たかが呼吸ぐらいで、と思うかもしれませんが、意外とあなどれません。