運動を分けてみよう!
  • 韓国痩身1号(収腹提臀型)
    韓国痩身1号(収腹提臀型)

    韓国痩身1号(収腹提臀型):天然の桜素、青楓葉の中から「強力痩体素」を出し、素早く簡単に身の要らない肉を減らし、理想的な体型を作り、再び美しい曲線を戻させますと共に肌も滑々にするこ...

    価格(税込) 950円 1箱
    買います
  • 運動を分けてみよう!

    アイスクリームの食べ方!

    でもダイエット中なら、アイスのカロリーも気にしないといけません。アイスのカロリーについては、アイスのカロリーランキング!を参考にしてみてください。

    運動を分けてみよう!

    健康的なダイエットの鉄則は、適度な食事制限と運動。運動には、ウォーキングなどの有酸素運動と、筋トレなどの無酸素運動の2種類があります。

    これらを継続的に行えば、短期的に見ても、長期的に見ても、ダイエット効果が得られることは間違いありません。

    では継続的に行うというのは、どれくらいのペースのことを言うのでしょうか。もちろん、毎日やるに越したことはありませんが、ストレッチして、腹筋して、ウォーキングして…こんなメニューを毎日続けるのは、なかなか難しいかもしれません。

    そんな時は、おもいきって運動を『分けて』みるのもいいかもしれません。
    今日は何の運動をする日?

    運動を分けるというのは、曜日によって運動のメニューを変えるということです。
    運動を分けてみよう!

    例えば、
    月曜日はウォーキングの日。
    火曜日は腹筋の日。
    水曜日はダンベルの日。

    週の後半はこれを繰り返して、
    木曜日はウォーキングの日。
    金曜日は腹筋の日。
    土曜日はダンベルの日。
    そして日曜日はお休み。

    こんなふうに曜日ごとに運動を分けると、精神的な負担も少なく、継続しやすくなるというわけです。
    続かなければ意味がない!

    もちろん、毎日すべてのメニューをこなした方が効果はあるでしょう。でも、ダイエット効果をあげるために最も大事なことは『継続すること』なんです。

    どんなに長い距離を歩いても、どんなにハードなメニューをこなしても、短期間でやめてしまっては何の意味もありません。最初からすべて完璧にやろうとせずに、自分に続けられる範囲で始めることが大切です。

    今までダイエットを試みたけど、いつも続かなくて失敗の連続…。そんな人は、「何をすればやせるか」ではなく、まず「何なら続けられるか」を考えてみると、いいかもしれません。
    カロリーブックを眺めよう!

    食品のカロリーを調べようと思ったら、昔は本屋さんで分厚いカロリー本を手にとって調べるぐらいしかありませんでしたが、最近はネットでも簡単に調べることができるし、本でも持ち歩けるぐらいの写真付きのカロリーハンドブックみたいのがたくさんあります。